FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-06 15:57 | カテゴリ:未分類
今日はチェーンディグリーザーについて。

自転車のメンテナンス用品も種類がたくさんあって迷うところ。
人によってメンテの頻度も違うので、選ぶ基準もいろいろだと思います。

自分の場合はジテツーしているという事もあり、車体、チェーンともにすぐ汚れます。
車体はフクピカなんかでささっとやっちゃう時がありますが、チェーンはそうもいかないですよね。

そんなチェーンの洗浄ですが、脱脂スプレー→灯油ときているのですが、灯油は臭いがきついので家族からの評判は最悪。

そこで次なるケミカルを探していた時に見つけたのがこれ。



モータウンのチェーンディグリーザーです。今回はこれのインプレを。

もともとバイク用に売られているものですが、ロードバイクで検索してもいくつかインプレが出てくる。

評判については分かれるところだが、自然由来の成分で臭いもキツくないという事だったので買ってみた。

使い方はいたって簡単。
ゆっくり回転させながらスプロケとチェーンにプシュっとしていくだけ。



2、3分放置してからディグリーザーを一吹きしたブラシでこする。
すでに分解されたオイルや汚れが溶け出しているのが分かる。



このブラシを使うといろんな方向からチェーンを磨く事ができて便利です。

スプロケには長いブラシを。


チェーンも上、下、横と丁寧に磨く。


ディグリーザーだけでは落ちないので、とにかくよく磨く事が重要。

終わったら水で流してお終い。



かなりピカピカになりました。
500ml入っているのでしばらくこれだけでやっていけそうです。


以下、Amazonより。

この商品について
石油系溶剤を使っていないので、シールチェーンのOリングを痛めません。
◯防サビ剤配合
◯植物性界面活性剤


Amazonより
チェーンの汚れをぶっとばす

商品紹介
チェーンの汚れをぶっとばす
2013-12-03 15:41 | カテゴリ:未分類
ロードバイクをはじめるまではチェーンを切るとか交換するとかって考え自体がなかった。

今でこそ街中で錆びたチェーンをカラカラ言わせながら走ってるママチャリを見ると「いかんなぁ」と思うわけだけど、きっと交換とか考えないんだろうな。

そんな事はさておき、52Tのチェーンリングに28Tのスプロケが使えるよう長くしていたんだが、ほぼ出番のない28T用にしておくのも変速イマイチだし詰めておくかと思い立った次第です。

使う工具はコチラ



どっちもグランジのもので、左はミッシングリンクを外すためのもの、右はチェーンを詰める(切る)工具です。

リアディレーラーで引っ張られているため、何もしないでチェーンを詰めると弾みでチェーンがビューンと面倒な事になります。
そこで使うのがコチラ。



ハンガーをペンチで切ったものです。
他には大きめのクリップを切って作るものもあるようです。
これをチェーンに引っ掛けておけば、真ん中でチェーンを切ってもチェーンが後ろに引っ張られる心配がありません。

工具でチェーンをつないでいるミッシングリンクを外します。
素手でもやる方法がありますが、こっちの方が早くて確実です。



ミッシングリンクを外したところです。



ぶらんぶらんになったところでフロントアウター+リアトップにして詰める長さを調整したら、工具でチェーンを切ります。


(写真撮るため便宜的につないでいます)

チェーンを切ったらミッシングリンクで再度接続して終了です。

目安はリアディレーラーの上下のプーリーの中心をつないだ線が、地面に対して一直線になるようにします。

2013-12-02 23:11 | カテゴリ:機材
ロードバイクのペダルが交換したくても固くて外せないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

私もこれを知るまではあの手この手で外そうと試みていましたが、うんともすんともでレンチが折れるんじゃないかと怖くなって途中で諦めたりしていました。

でももう諦める事はありません!

誰でもできるそんな外し方です。

①ロードバイクをひっくり返して前輪を外す。
DSC00601.jpg

②どっちから先でもいいですが、とりあえず左のペダルにレンチを刺す。(ペダルレンチでもOKです)
DSC00602.jpg


③六角レンチだけだと力が入らないので鉄パイプや下記みたいなものを差し込む。
DSC00603.jpg

④あとは真下に向かって体重をのっけてレンチを下げる!

バキッ!と鳴るかもしれませんが、これで簡単にペダルが外せます。

反対側も同じ手順。

⑤レンチを差し込む。
DSC00604.jpg

⑥パイプを差し込んでグッと下に下げる!
DSC00605.jpg
写真みたいな片手では無理だと思うので、両手で体重をかけてください。

チェーンリングにぶつかりそうだと心配な方は、チェーンリングの上にボロキレとかかけておくといいですよ。

ペダルってどっちに廻せばいいか混乱するんですが、これは左右ともに手前に廻せはOK!

簡単でしょ?
2013-12-02 22:53 | カテゴリ:その他
ブログのタイトル変えちゃいました。

だって遅いんだもん。

自分に当てはまるものと言ったら物欲が一番適当かなと。

よろしくです。
2013-11-11 16:29 | カテゴリ:機材
前回のエントリーと前後しちゃうんですが、買ったばかりのFizik R1が3日でイギリスに送り返す事態が発生しましたのでご報告を。

デザインとか気に入っていたので、ただただ残念です。

で、どこがどう欠陥なのかという事ですが、ここです。



踵のゴムがもげたんです。
ペダル廻す分にはどうってことないんですが、歩かないかというと必ず歩きますからね。

どういう状況でもげたかですが、普通に歩いていただけです。
特に太っているわけではないですから、想定以上の負荷がかかったというわけでもありません。

通常はこんな感じのパーツです。


旧型のR1が底からネジ留めしてあるのに対し、新型はインソールの側からネジ留めしてあります。
この時点ですり減ったゴムを交換できないのもとうなんだよ?って思ったんですが、これは後ほど解決する事になります。

インソール側からネジ留めしてあるゴムですが、もげた部分を見てみると確かにネジ込んだ跡は確認できた。
肝心のネジは蜂の子宜しくインソールのカーボンに空いた穴から頭だけ出してる状況。

インソール側から押し出そうかと思ったけど、そっちは取り付け時に空いたであろう穴はあるがネジが見えない。
ドライバーを突っ込んでゴムを再度固定する事も考えたが、底のカーボンに直にネジが当たるのもイマイチだし最悪ネジの先端がゴムを貫通するかもしれない。

そもそも歩いたくらいでもげるのってどうなのよ?とこみ上げて来る怒りを抑えつつウィグルにメール。

状況の説明と通勤で使うものだから兎に角早く対応して欲しい旨を伝える。

翌日返信があって写真で見てみたいと。

って返品フォームに写真添付できるようにしとけよo(`ω´ )o

くだらないやりとりに4日かかり、予想通りモノを見たいから送り返してくれと…
こっちとしては兎に角急いでるんだから、返品もするけど新しいのさっさと送って欲しかったんだよね(。-_-。)

しょうがないので翌日インボイスを作成さて郵便局からEMSで発送。
送料の3,700円は後日クレジットカードに返金。

2日でイギリスに到着し、土日を挟んで5日目にウィグルに到着。
レアケースだとか英語で書いてあったが、新品と交換しますとメールが届いたのが発送から6日目。
しかも現物は欠品中だから入荷してから発送しますって(泣)

おいおい商品サイトには11月中旬入荷予定ってなってるぞ…

しょうがないので通勤はスニーカーでペロペロキャンディを廻すハメになり、一週間くらい経過。

そんなところでウィグルから一通の味気ないメールが飛んできた。


昨日発送したよ。

え⁉︎11月中旬じゃなかったの?と思いつつまぁ送ってくれたならいいやと待つこと9日(。-_-。)

結構くたびれたFizikの箱に入って新品のR1がやってきた。

まずは踵のチェック。

見た感じは大丈夫そう…きっと前のものそうだったはず。
悲しいかな信用はしてない。

すぐにインソールを外してネジを確認。

おや?
ネジのケツが見えてるよ⁇
なんとワッシャーが嵌めてあって、ネジがソールの中に埋もれないようにしてある。

前のが不良品だったのか、それとも問題を認識してリコール対応したのかは分からない。
少なくともこれなら交換はできるわけだが、このブロックはスペアパーツとして売ってないからそもそも意味がない。
で、ブロックを指で押してみる。

やっぱ外側が弱い。

これじゃ不安で使っていられないのですぐにAmazonで接着剤を注文。
昨日ネジを外して接着を実行。

インプレはまた今度。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。