-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-03 15:41 | カテゴリ:未分類
ロードバイクをはじめるまではチェーンを切るとか交換するとかって考え自体がなかった。

今でこそ街中で錆びたチェーンをカラカラ言わせながら走ってるママチャリを見ると「いかんなぁ」と思うわけだけど、きっと交換とか考えないんだろうな。

そんな事はさておき、52Tのチェーンリングに28Tのスプロケが使えるよう長くしていたんだが、ほぼ出番のない28T用にしておくのも変速イマイチだし詰めておくかと思い立った次第です。

使う工具はコチラ



どっちもグランジのもので、左はミッシングリンクを外すためのもの、右はチェーンを詰める(切る)工具です。

リアディレーラーで引っ張られているため、何もしないでチェーンを詰めると弾みでチェーンがビューンと面倒な事になります。
そこで使うのがコチラ。



ハンガーをペンチで切ったものです。
他には大きめのクリップを切って作るものもあるようです。
これをチェーンに引っ掛けておけば、真ん中でチェーンを切ってもチェーンが後ろに引っ張られる心配がありません。

工具でチェーンをつないでいるミッシングリンクを外します。
素手でもやる方法がありますが、こっちの方が早くて確実です。



ミッシングリンクを外したところです。



ぶらんぶらんになったところでフロントアウター+リアトップにして詰める長さを調整したら、工具でチェーンを切ります。


(写真撮るため便宜的につないでいます)

チェーンを切ったらミッシングリンクで再度接続して終了です。

目安はリアディレーラーの上下のプーリーの中心をつないだ線が、地面に対して一直線になるようにします。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://roadyr.blog.fc2.com/tb.php/37-70c2af47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。