-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-01 09:53 | カテゴリ:未分類
超久しぶりの更新です。
ネタはいろいろあったんですが、なんせ面倒くさがりで(≧∇≦)
固定ローラー(Tacx SATORI)買ったり、いろいろ書くネタはあるんですよ…

そんなこんなGW前半の4/28に初のフリーチケットを奥さんからもらい、念願のOTRに参加してきました。

OTRとはチームERATEH(ヘタレ)のC59のりさんこと、"親分"主催のマッタリライドの事です。ウソ\(^o^)/

ルートはこんな感じ


子供が小さかったりで、週末もam8時台には帰宅しなくてはならないためロングライドは諦めてたんですが、Twitterでロング行きたいとボソってたのを妻が拾ってくれたようで、何気に役立ったTweetでしたww

当日は7時に秋ヶ瀬公園北側駐車場集合だったので、5時半に出ればギリ間に合う感じ。
最近自分と同じ布団で寝てる長男がやたら早起きなのと、どんなに早くても気配を感じて起きてくる1歳の次男のせいで週末ライドに対して妻もピリピリ。
とりあえず6時に出ると言っていたものの、5時半に出ようと早めに4時半にタイマーをセット。

4時25分に目覚めてしまったため、タイマーを切って静かに用意を開始…
リビングに移動して相当静かに用意していたのに、なんと次男が起きた様子。

あぁヤバイなぁと思い、早く出てしまった方が得策かと玄関に向かったところ寝室の扉がガチャリと((((;゚Д゚)))))))

なんでこんなに早いのよ(怒)と妻が…

そのままリビングに行ってしまったため、止む無く出発する事に。
(後にこれが大問題に発展)

いつもの荒川左岸からCRに進入。
風がないのに加えて、冬のように暗闇じゃない事で気分上々?

岩淵水門手前の新迂回路も事前調査済みだったので、難なく水門に到着。
最初の頃はここまで1時間かかってたのが、40分くらいまでに短縮できるようになった\(^o^)/

途中再度迂回をして幸魂大橋から左岸に渡り、少々シクロクロスをしてから彩湖に進入。
秋ヶ瀬公園は南側の駐車場にしか行った事がなかったため、バックストレートを川沿いに進んでいくルートを取ってみた。

秋ヶ瀬公園内はどこかのキャンプ場みたいな雰囲気で、とても都心とは思えない静けさ。
しかも彩湖より気温が低い(汗)
公園をひたすら北上したところ、最北の出口に到着。
って事はその手前が北川駐車場と判断し、日向を見つけて停車。

集合より20分くらい早かったため、カロリーメイトを食べながらストレッチをしていたところKANAZON.comのkanaさんがピットイン。
どうやら集合場所はもう一つ隣の駐車場のようだけど、まだ早いからいいよね~とその場で談笑。
GWという事もあり、秋ヶ瀬公園からは続々とトレインが発車していきます。たのしそー!

程なくプランクヒデヲさんやプロ並みフォトグラファーさとしさんも到着したため、隣に移動。
続々と参加者が集まり始め、プランクして帰りをここで待っているというヒデヲさんや夏ジャージで寒そうなmiyaさん、ヤスさん達に送り出されて出発!


本日のトレインは、
C59のりさん
jimaoさん
くろけんさん
kanaさん
だーさん
やまぞうさん
さとしさん
それと貧脚の私アッキーの8名です。


始めての公道ロングライドのため、先頭交代どうしたらいいのかな(汗)とか緊張しつつ走行開始。
途中kanaさんが先頭で自分が二番手という局面があり、しばらく走ったあと車がこない事を確認して右から追い越しつつ先頭交代を申し出てみた。

どうやら山登に備えて巡航速度をセーブして走ってたのを、おバカな私は意気揚々とスピードアップしてしまった…
信号待ちからのリスタートが速すぎるとjimao先生に言っていただいたり、ありがたい限りでしたm(__)m

どの辺りを走ってるのか全く分からず途中の坂道を都民の森入口地点と感違いしたりしつつ、現地のセブンにピットイン。
ここでは朝一で既に都民の森まで行ってきたというmakotoさんのお出迎えがあり、大盛り上がり。
みんなからもう一本と誘われるものの、もうお腹いっぱいと頑なに拒否をしているmakotoさんオモロかったです!
隊長も朝登ったようで、つくづくヒルクライム好が多いチームだなと。

makotoさんに見送られて山路に進入。
だんだん山っぽい雰囲気になってきて、更にテンソンUP☆
と、そこでさとしさんが飛び出して逃げの体勢に入ったのに呼応してkanaさんもスピードアップ。

他の6人は列車を維持していたのでそのままツキイチでいようかと思ったのだが、「そういえばkanaさんGoproで動画撮ってたよね」と思い出し、「映るなら今でしょ!」と逃げ集団を追跡。

ほどなくして先頭に追いつき、kanaさんの前に陣取る事に成功ww
あとでkanaさんの動画を確認しよう?

しばらくそんな感じで走ってたが、バカのように脚を使ってしまったため虫の息。
マジつれぇー
俺何しに来てるんだっけ?
足ついたら楽だろなぁ
ゲ!また坂かよ?
中央大学はやっ(汗)
とか独り言オンパレード。。。

それでもなんとか登りきれたのはECUのヒルクイマーである、だーさんが視界の先に見えていたから。
初ヒルクライムでペース配分とか全く分からなかったため、なんとかだーさんに着いていこうという気力だけで登ってました。
最後は完全にちぎれましたが、あれ一人だったら途中で諦めてたかも。

ゴールでは既にクロテグラDi2使いのくろけんさんとjimao先生、だーさんが到着して休憩をしている。
自分もソフトクリーム食べたり写真撮ったりして休憩していたところ、燃えるシクラーのやまぞうさん、親分、さとしさんが到着。

kanaさんがなかなか来ないので心配していたところ、どうやら両脚が攣るという壮絶な状況で上がってきたとの事。
恐れ入りましたm(__)m

923465_446058495483492_834864512_n.jpg


しばらく休憩した後、今度は初ダウンヒルの開始!

ジテツーでも坂道の下りは好きなので、いざ!と思ってたら既に親分が爆速で降下を開始(大汗)
あっと言う間に視界から消えました^_^;

えっちらおっちら登ってきた道を、今度は今までにない速度で降りていくのはオモシロイですね。
右カーブで何度かコースアウト仕掛けたので、今後の課題になりました☆

途中親分が気を利かせて景色のいいポイントで列車を停めて撮影会やったり、終始全体に気配りをしてくれていて、OTRの参加者が増えるのも納得でした。

944419_446394258783249_143229294_n.jpg


帰路はやまぞうさんナビゲートによる、坂道の少ないコースのはずが、坂いっぱい&信号ストップ頻発の追い打ちコースww
さすがOTR。
恐れ入りましたm(__)m

羽根倉で下流組のkanaさん、だーさんと自分は本隊から離脱して右岸を話しながら南下。

門限もやばかったのでだーさんと別れた後、岩淵水門からは目一杯踏んで帰りましたが朝の一件もあり小学生以来のチェーンROCK!!
不在着信にも気付かなかったため、ひたすら謝って入れてもらいました。

kanaさんとも話しましたが、まぁ子供も小さいですし私が我慢しないもいけないんですよね(汗)

というわけでなかなか彩湖にもロングライドにも行けなくなりそうですが、皆さん今後も宜しくお願いします!


やる気が出ます!ついでにポチっと!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://roadyr.blog.fc2.com/tb.php/14-b14e8bfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。