-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-01-03 17:53 | カテゴリ:機材

年末から気になりだして取り置きしてもらっていたSHIMANOのステルスサドルを受け取りに行ってきた。

元々付いていたスペシャライズドのToupeは座面が平らでノーズが長いのに対して、ステルスサドルは座面は同じ平らでノーズは短い代わりに太くなっている。

なんでサドルを取り替えようと思ったか?

たまに食料品の買い出しで小学生の息子のMTB(CANNONDALE Trail24)を借りるのだが、シートポストを高くすると大人でもミニベロみたいや感じで乗ることができる。

これについているサドルとフレームのジオメトリーがドンピシャで自分には乗りやすい(汗)
特にサドルは秀逸で、子供用で小さいんだけどお尻を安定して載せていることができ、ペダリングがとてもやり易い。

自分は高回転型ではなくトルク型のペダリングを好むので、サドルにはどうしても前乗り気味に座ることになる。
Toupeだとノーズは細いのでどうしても前乗りすると股が痛くなってしまうのだ。

そこで白羽の矢を立てたのが冒頭のステルスサドル。

「ノーズが短く太いので前乗りに向いているはず。」と思いアマゾンでポチろうと思ったら在庫なし。
アマゾン以外のネット通販も軒並み在庫切れで、3月まで入荷予定なし(今12月)。
欲しいものは欲しいなぁとBIKE24を見たらカーボンレール(172g 139.99€)も在庫あり。
まぁステンレスレール(210g 99.99€)との重量差、価格差を考えたら脂肪を落とした方が経済的とステンレスレールに的を絞る。
国内より数千円安くなるけど2週間くらい到着しないだろうし、年末年始を挟むから更に納期が遅くなるかもしれない。

一旦カートにだけ入れ、ダメ元で最寄りのスポーツバイク専門店に問い合わせてみる📩

するとネット通販では軒並み在庫切れのサドルがあると言うじゃないか!
銀行振り込みで通販も可と返事をいただいたが、ノーズが短い分だけセッティングがシビアになるし、サドル以外もポジション出しの感じを知りたかったので、年明けにSHIMANOのスタティックフィッティングと合わせてショップでの取り付けをお願いする。

スタティックフィッティングはまず始めにPCにバイクプロフィールとペダルの種類、ビンディングシューズのモデルを登録する。
これをしておくとサドル高を正確に出すことができる。
その後、身体測定のような機材で身長と喉仏下の窪みの高さ、股下(両手でバーを股下に挟み、そのまま一旦爪先立ちしてゆっくり踵を下ろして計測する)、腕の長さ、肩幅を計測。
側で見ていた子供達は股下計測がよほどウケたらしく、笑いまくっていた…

ジオメトリーはざっくり言うと欧州のプロ、実業団とかのセミプロ、セミプロとポタリングの間(スポーツ)、ポタリングの四つから選ぶことができる。

自分は短時間ライダーなのでスポーツを選択。
出てきた推奨ジオメトリーを元に長ーい物差しで現在のポジションを確認してみたところ、ほぼほぼ一致しているとのこと。
身体の感覚でセッティングしてたが間違えではなかったようで。

フレームサイズのお薦めはスペシャライズドのTarmacでは49⁉︎と2サイズダウン…(滝汗)
ただステムを合わせたトップの長さはあと5ミリとの事なので、「スペーサー外せばいけそうですね」と店員さん。
その他は肩幅が狭め(肩幅あると思っていたが、筋肉質のためそう見えていただけで骨格ベースでは平均以下と。)で、「ハンドル幅は410ですね」(今420がついてる)との事。

フィッティングについてはそんな感じで、サドルを交換してもらう。

スタティックフィッティングをお願いしたからか、サドルの取り付け工賃を無料にしていただいたようでありがとうございます!

サドルのインプレはもう少し乗り込んでからいたします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。